時間は未来から過去へ流れている。

時間は、過去から未来へ流れていると思っていませんか?

実は、現代分析哲学では、まったく反対の結論が出ています。

つまり、「未来」から「過去」へと時間が流れていると考えるのです。

これは当たり前と言えば当たり前の理論です。

たとえば、旅行の予定を入れるとします。

すると、その旅行の予定は、やがて、当日になり、過去になっていくわけです。

つまり、「未来」から「過去」へと流れたわけです。

 

そして、この理論のいいところは、「過去」は変えられないが、「未来」はいくらでも変えられるということです。

どのような未来を「選択」するかいくらでも可能性があるわけです。

たとえば、

A=お金持ち

B=貧乏

という選択肢があるとします。

いずれを選択することも可能なわけです。

未来を先に決める。

あとは、流れてくるのを待てばよい。

これが現代分析哲学の結論です。

さて、あなたはどのような未来を描きますか?

The following two tabs change content below.
イキビジ事務局
イキビジ大学事務局です。イキビジ大学は、イキイキした人生を手にするための「起業」の考え方とやり方について学ぶ場です!

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ