チャレンジする勇者。大崎章弘君のケース。

「チャレンジする男はカッコいい。」

イキビジ大学」には、大崎章弘という男がいる。25才だ。

彼は一年前、イキビジ大学に入学。当時はまだどこにでもいる普通のサラリーマンだった。

しかし、「一度切りの人生思う存分に生きる」と一念発起し、会社を退社。

そして、なんと、カンボジアに旅立ってしまった!

理由は、カンボジアには秘伝中の秘伝の格闘技があり、それをマスター直々に学びたいから。

そして、将来はそれを日本で広めたいから。

男は大好きな格闘技をビジネスにするため、夢を叶えるため、単身カンボジアに旅立った。

現在カンボジア伝統武術「ボッカタオ」を習得中である。しかも、マスター直々に。

そして、その間、イキビジ大学で学んだことをビジネスに活かすため、「カンボジアと日本をつなぐポータルサイト」まで作ってしまった。

それがこれ。 http://cambodianavi.net/

よくできている。

このチャレンジ精神にわたくしは脱帽した。

そもそもカンボジアに行くキッカケが、「若いうちはやり直しなんていくらでもきくんだから、思う存分やりたいことをやれ!」とイキビジの懇親会の酒の席で言ったことらしい。

よくある起業志望者は理想は掲げる。「こんなことができたらいいな」と。

しかし、行動に移す人間はそう多くはない。おおよそが日常に戻っていく。

ところが、大崎君は違った。即決心、即行動。

ちなみに、カンボジア伝統武術のマスターには、直接、Eメールで猛アタック。

しかし、最初は相手にされなかった。

なので、別経由でのアプローチを自分なりに必死に試みたところ、マスターが感銘を受け、弟子入りが実現した。

彼のチャレンジ精神はカッコいい。ぜひ、多くの若者たちに彼の勇姿を伝えたいと想い、記事を書くことにした。

彼の今後の成長、発展は多くの人に勇気を与えるだろう。この先の彼のチャレンジが誠に楽しみである。

The following two tabs change content below.
イキビジ事務局
イキビジ大学事務局です。イキビジ大学は、イキイキした人生を手にするための「起業」の考え方とやり方について学ぶ場です!

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ