死から逆算して「生きる」。

「人は必ず死を迎える」

これは揺るぎようのない事実です。

わたくしがよく行っている習慣に「死を想像する」ことがあります。

自分が死ぬ瞬間、どんなことを想うのか?

人生を振り返ってどう思うのか?感じるのか?

歳を取り、老いて自分が死んでいく、その瞬間を想像するのです。

臨場感を出すために、こちらの「Linkin Park-In The End(Piano Version) 」音楽をYoutubeで聞きながら想像します。

その時、「ああ自分の人生よかったな」「ホントよく生きたな」と言える人生かどうか?

そして、思いたくないこと。

「あれをやっておけばよかったのに」という後悔。

これだけはしたくない。

だから、「今」やるべきことが見えてくるんです。

今やっていることが正しいことか?間違ったことか?も判断しやすくなります。

 

人は必ず死にます。

どんな人でも必ずこの世を去る時がきます。

その時、あなたはなにを思うのか?

「よくやった!」と、様々な体験や思い出を振り返るのか?

それとも「あれをやっておけばよかったのに」と後悔しながら去るのか?

 

わたくしは、死ぬのは怖くありません。

なぜなら、怖がってもその日は必ず来るのですから。

必ず来るものを恐れていてもしかたありません。

しかし、振り返った時に「生きてなかった」というのは怖い。

だから、今日も思う存分、生きたい。

あなたはこの世を去る時、どんなことを思いますか?

「こんなにも生きたんだ!」

と胸張って去り行く生き方をしていますか?

死から逆算して「生きる」。

お勧めする習慣です。

追伸:「自由な起業家への道。」特別レポートを無料で配布中。
当レポートは、自身20代から10年以上の経営経験、あらゆる経営戦略論の実践研究結果、年間100件以上の相談案件を基に、若くして自由な起業家人生を手にするための起業論についてお伝えしています。

The following two tabs change content below.
イキビジ事務局
イキビジ大学事務局です。イキビジ大学は、イキイキした人生を手にするための「起業」の考え方とやり方について学ぶ場です!

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ