今更気づいたEvernoteの使い方。資料や板書を撮影するとき超便利!

第2回「イキイキした人生を手に入れるIT仕事術」

こんにちは!

イキビジの木村建太です。

「イキイキとした人生を手に入れるIT仕事術」第2回はEvernoteを活用した打ち合わせのメモ・資料写真の管理術を紹介します。

今さら、Evernote?って思うかもしれませんが、

・現在、Evernoteを使っていない方

・スマホとPCのEvernoteを同期していない方

・資料やメモの整理が苦手な方

・PCのメモとスマホで撮影した資料などを簡単に一元管理したい方

は是非、記事を読んでみてください!

Evernoteのカメラは実は超便利!

かくいう私もEvernoteを利用しだしたのは実はこの3か月ぐらいとかなり最近です。

就職してIT企業に入る前はかなりのアナログ人間だった名残で、独立してからも打ち合わせのメモなどは基本手書きで行っていました。

しかし、打ち合わせの資料や板書は写真で撮影することも多く手書きのメモとスマホの写真がバラバラになってしまうことが悩みでした。

そんな悩みを一気に解消してくれたのが、Evernoteのカメラです。

Evernoteのカメラを使えば、

・写真が、日付や打ち合わせごとに自動で整理される

・PCでメモを取りながらスマホで資料を撮影しても一緒に保管しておける

ということが簡単に可能になります。

Evernoteの使い方

まずは、EvernoteをPCとスマホ両方にダウンロードしましょう!

PCであればダウンロードせずともブラウザ(IE、Googlechrome、safariなど)からEvernoteを使えます。

ただ、私はネットが無くても使えるよう、ノートPCには直接Evernoteをダウンロードをしています。

PC版のダウンロードは以下から↓
・Windows
https://evernote.com/intl/jp/products/
・Mac
https://itunes.apple.com/jp/app/evernote/id406056744?mt=12

スマホ版はアプリのストアから「Evernote」と検索してください。

ダウンロードしてしまえば簡単!

まずはスマホのEvernoteのカメラを使ってみましょう。

Evernote1

撮影すると勝手にノートが作成されます。

Evernote2

続けて写真を撮る場合は、作成されたノートを開いてから写真を撮りましょう!

まるで1ページのノートに写真を貼り付けたかのように、写真が保存されていくの後で内容を振り返る際もとっても便利です。

もちろん、ノートなのでメモ書きを加えることもできます!

写真を撮り終わったら、ノートのタイトルを分かりやすく変えておくだけで後から探しやすくなります。

 PCでメモを取る方にオススメのEvernote活用術

続いて、PCでよくメモを取っている方にオススメの使い方を紹介します。

PCでメモしきれないスライドや資料などを写真で残しておくとときもEvernoteを使うと便利です。

この使い方は、インターネットにつながる環境でしか使えませんが、Wi-Fiのある場所で打ち合わせする際は是非使ってみてください。

まずはPCのEvernoteを起動してノートを作成しましょう。

Evernote1jpg

そしてメモを取っていきます。

メモを取りながら、「あ、この資料はメモするの面倒だから、写真で残そう」

などなど、撮影の必要が出たときにスマホのEvernoteを起動します。

すると、ネットにつながっている場合は、今現在PCで作成しているノートがすでにスマホにも同期されています。

なので、そのノートを開いてから、カメラボタンを押し資料を撮影します。

IMG_2596

撮影後、保存ボタンを押して写真を保存します。

 

IMG_2597

 

すると・・・・

なんとあっという間に、PCの方にも撮った写真が同期されています。

Evernote2

これで、PCでメモを取りながら、リアルタイムに資料の写真も一緒に管理していくことができます!

※もし、撮った写真がすぐに反映されなかったら、PC画面右上の「同期」ボタンを押してください。

Evernoteの使い方は以上です。

この他にもEvernoteのカメラは名刺管理などビジネスにも日常にも役立つ使い方がたくさんあります。

今Evernoteを使って無い方は是非一度お試しください!

今回もありがとうございました。

The following two tabs change content below.
木村 建太

木村 建太

大阪生まれ。神戸大学経済学部卒業後、大手システム会社に就職。システムエンジニア、コンサルタントとして数十のプロジェクトを成功に導く。また、業務の傍ら、社内の人事教育部門の発展にも貢献。予算1億円の研修プロジェクトをゼロから企画、運営し成功させる。独立後は経験を活かし、ITから学んだ「仕組みづくりのノウハウ」とそれを使いこなす「人の教育」で中小企業、個人事業、店舗の売り上げUP、集客コンサルティングを行っている。自身も生粋の「文系人間・パソコン音痴」から、ITプロフェッショナルに転身した経験から、IT初心者にも分かりやすく、「ITツールの使いこなし方」や「誰にでも簡単に本格ホームページが作れるノウハウ」を伝えている。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ