経営戦略とは?知り、やれば勝てる。知らぬ、やらぬは勝てない。ただそれだけのこと。

4df29d78a3061fc11b4e1c8c99d167c2_s

こんにちは。

イキビジで勉強させていただいている、サイト売却専門「サイトマ」の中島優太です。
 

突然ですが、あなたは、やってますか??

ポケモンGO。(←今さら感があるかもしれませんが笑)
 

2か月に1回のペースで開催されているイキビジ勉強会。

ポケモンGOは、やった方がいいですよ。」と、冒頭から作野さん。
 

なぜでしょうか?

経営者ならやった方がいいと、イキビジ主催の作野さんはおっしゃっていますが、敏感な事業家の方なら、わかるかもしれません。

あの”拡張現実”をリアルに感じると、なんだか商売に使えそうですよね。
 

「こんなところに、こんなオブジェあったんだ」と、あたらしい現実に気がついたり、今後は「〇〇という資格をとったら、レアアイテムが手に入る!」など、人を動かす要素になってくるかもしれませんよね。

そんな、時代を変えるおおきな革命?になるかもしれません。
 

と、この話を聞いてさっそくやりましたが(笑)、やはり歩いてしまいます。ついつい。

こりゃすごいわ〜、と感動しました。私が店舗ビジネスだったら、ぜひスポットにしてほしいですね。
 
 

・・・さて、今回のイキビジ勉強会は「戦略」

戦略。これは、なかなかすぐには学べないカテゴリーですよね。

今回もイキビジ主催の作野さんが、分かりやすく説明してくださったので、まとめていこうと思います。

経営されている方はもちろん、起業を考える方も必見です!
 

戦略ってなんでしょう?一言で言えます?

今回の課題図書は、こちら。
 

 
かなり分厚いですが、しびれる本です。

ふつう読むとやる気が本が多いと思いますが、このフォーカスは「反省&姿勢を正される」という感じです。

よっしゃやるぞ!というより、数々の企業の失敗がたくさん書いてありますので、しっかり経営を考えよう!となる本です。(ほんと、オススメです。)
 

そんなマニアックな本を読んだ上での今回の勉強会。

序盤から、戦略があった方がいい理由について解説していただきました。

■戦略がない会社の特徴(戦術頼り)

・時間がない
・いそがしい
・営業マンが働かない
・根性論
 

■戦略がある会社

・時間がある
・お客さんがやってくる
・値下げしなくてもいい
・社長がゴルフ行ったり、旅行に行っている
・オフィスが静か
 

あなたは、どちらの会社をつくりたいですか?

もし、後者であるなら、ぜひこの先を読み進めてくださいね^^
 

戦略のいいところは?

「戦略は、なかなか真似されない」

息の長い経営をしたければ、戦略は必須とのことです。
 

反対に、戦術はしばしばパクられるそうです。

たとえば、サイトのキャッチフレーズ、イメージカラー、ドメイン、キャッチコピーなど。
 

ヤマト運輸がクロネコを使ったとき、その年に動物のロゴを使った宅配サービスが100社くらい立ち上がった、とか(笑)

「そこじゃない!」と、作野さん。

一瞬は儲かるかもしれませんが、息が長い経営はできないそうです。
 

戦略とは?一言でいうと?

なんだと思いますか?

イキビジでは、いろんな答えが出てきました。

・たたかいに勝つための計画
・作戦を決めること
・しっかりとした準備
 

いろいろありますが、イキビジ主催の作野さんの定義は、こちらです。

持続的な勝利(平和)をもらすための、チーム(組織)のルール

ということです。
 

また、経営の目的なども、加味すると下図のようになります。

 
1

この上位概念が間違っていると、いかに戦術がすごくても取り返しがつかないそうです。

そりゃあ、そうですよね。

たとえば、「おれは世界で活躍するサッカー選手になるんだ!」という目的と、「地元のフットサルチームに参加する」では、やるべきことが全然違いますよね。
 

経営の目的は、「儲け続けること。

これは、あのピータードラッガーも言っていることですので、否定はできないでしょう。

これ以上、シンプルな目的はないですよね(笑)。たのしいだけなら、ボランティアでもいいわけですし。

(ちなみに、世の中を〇〇にしたい!という崇高な思いは、使命だそうです。ここは、常に見直さないと、道に迷いそうですよね。)
 

どうやって戦略をつくるポイントは?

これですよね。これ。どうやってつくるんでしょう?戦略って。

学校じゃ教えてくれないし、これさえわかっていれば、多くの会社が生き残っているはずです。
 

作野さん曰く、ポイントは、「やることと、やらないことを決めること」。

ん〜。シンプルですが、ずっしりと重い一言。両手で受け取っても、地面に落としそうになりますよね。

つまり、少ないリソースは集中させよ、とのこと。

これはカンタンではないな〜と、私自身も感じることがありますが、作野さんをはじめ、うまくいっている経営者の方々はやはりポイントを抑えています。
 

しかし、勇気をもらえる一言が。

「戦略の実力を高めて、ちゃんとした戦略を立てると、意外とカンタンに勝てるのがビジネス」

なるほど。重要なのは、勇気をもつことですね。それにしても、ふか〜い一言。
 

戦略をつくるチャレンジャー思考とは?

イキビジ主催の作野さんは、今回の勉強会でかなり重要な考え方を伝えてくれました。

もしも、あなたが「タモリさん」や「みのもんたさん」、あるいは大企業のような多くの人に影響がある人であれば、左側(チャンピオン)の戦略を。

現状は、まだまだこれから!という方や法人さんは、右側(チャレンジャー)を参考にしてください。
 

2
 

差別化

・大手が無難な色のホームページであれば、我々は奇抜な色で勝負する、など。

・都知事選で出馬した「N◯Kを潰す!」というような、とがったアピールをする、など。
 

地味

・アパレルや飲食など、派手でカッコイイ業界はさけて地味な業界にいく

・飲食業界でもフランス料理ではなく、たこ焼き屋(地味だし、粉物は原価が安い)にしておく、など。
 

ローコスト

・事務所は、まずは自宅でいい。いい事務所はコストがかかってしまう。
 

軽装備

・在庫はかかえない(在庫あると、倉庫が必要になる。)

・いつでも撤退できるように、身動きとれる状態にしておく。

・人は必要以上に雇わない(事業の転換がしにくい)
 

接近戦

・メディアにPRしてもらいたいときは、きちんと担当者に電話する

・お客様にも、きちんと電話。無理であれば、丁寧なメールをする、など。

→恋愛もメールよりかは、電話。電話よりはか、会った方がいいですよね。

 

部分1位

・代走だけに集中している巨人の鈴木選手。30代後半ですが、いまだに現役!

・イチローも4番ピッチャーでしたが、あえて打率をあげることだけに集中して、メジャーで活躍!

・眼精疲労専門の整体院にする。(実際にあります!)

・雷の避雷針だけの特化する。(実際にあります!ここ社長さんは雷になりたいらしいです笑。)

・プチプチだけを製造する。(実際にあります!友人が働いていました笑。)

→集中すれば、ムダなことをしなくなりますよね。これはスティーブジョブズも同じようなこと言ってます。

方向を間違えたり、やりすぎたりしないようにするには、まず本当は重要でもなんでもない1000のことにノーと言う必要がある。

by,スティーブジョブズ

深い・・・。

 

かなりいろいろありますが、いずれ左側(チャンピオン)の戦略をとる時期がやってくるそうなので、さっさと右側は終えたいところですよね。

戦略の構成要素

もしもあなたが、戦略を立てる場合は、下記の方程式に当てはめてみるといいそうです。

3

 

そのほかのポイント

とはいつつも、ビジネスは固執しすぎると、うまくいかないそうです(笑)

「いつでも、徹底できる」という、身軽なキモチも大事だと言います。

ん〜。そうですよね。本気になることも重要ですが、肩の力を抜くことだって重要ですしね。
 

あ、それと、上記の方程式がピンとこない方は、異性に対するアプローチを考えるといいそうですよ(笑)

これは、男性ならシンプルでわかりやすいかもしれません。

自分という商品を戦略立てて売り込んでいく。ビジネスだったら、商品が物になったり、サービスなったりするだけ。

シンプルに思考すると、おもしろいですよね。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これを言うのはカンタンですが、本当に実践している法人はごくわずか。

だからこそ、やった人にだけ価値がわかる。ご褒美がある。

作野さんはじめ、うまくいっているいろんな経営者さんをみて、ひしひしと感じます。

肝に命じて、日々精進したいですよね!
 

ここまでお読みくださりありがとうございます^^

・・・実は。

まだまだこれだけでなく、戦略にはもっと大事なことがあるんです!

が、長くなりましたので、ここでは書きません(笑)
 

もしも、本当の戦略を知りたい方は、イキビジへ遊びにきてみてください♪

今回のセミナー音声も手に入りますよ!
 

ちなみに・・・。

入学には、志望動機が必要になりますので、「なんとなく」では、入れませんのでご注意を!

>>イキビジ入会はこちら。

ご覧いただき、ありがとうございました!

The following two tabs change content below.
中島 優太

中島 優太

代表取締役社長エベレディア株式会社
あなたのサイトを高く売ります!サイト売却専門『サイトマを運営。サイト売買、M&Aに関するご相談は、こちらからお気軽にどうぞ。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ