なぜ多くの起業ノウハウでは成功できないのか?

ちまたには多くの起業成功ノウハウが出回っています。

しかしながら、なぜ、多くの人が起業して成功できないのでしょうか?

その理由について、明らかにしていきます。

理由1 教える側の人が成功してない

これがもっとも大きな成功しない理由です。

起業成功ノウハウを教える側の人が、成功してないのです。

たとえば、アイススケートで大活躍している羽生君や、浅田真央ちゃんを想像してみてください。

必ず、アイススケートで活躍している人から学んでいるでしょう。

それと同じで、起業成功ノウハウを学びたければ、あなたが目標とする結果を出し続けている起業家から学ばなければなりません。

しかしながら、多くの起業ノウハウ提供者は、自分が成功してないから、起業ノウハウを売って儲けているのです。

重要なので、もう一度言います。

多くの起業ノウハウ提供者は、自分が成功してないから、起業ノウハウを売って儲けているのです。

起業して成功したのではありません。

起業ノウハウを売って成功したのです。

ここを間違えてはいけません。

では、本物か偽物かを見破るにはどうしたらいいか?

たとえば、帝国データバンクなどで、必ず、情報を取得してください。

400円ぐらい払えば誰でも簡単に調査データを取得できますので。

それで、儲かっているかどうか?はある程度把握できます。

間違っても、2ちゃんねるとか、ネット上の口コミ情報は当てにしてはいけません。

本の著者であるか?マスコミに出ているか?もどうでもいい情報です。

騙されてはいけません。

あなたが本当に起業して成功したいのであれば、きちんと起業して成功してる人から学ぶことが大切です。

理由2 お金だけを目標にしている

2つ目の理由が、多くの起業ノウハウが「お金だけを目標にしている」問題点です。

正直、お金を得ることを目標とすれば、短期間で稼ぐことは容易です。

しかし、長期間、成功を維持するためには、「心」の成長も同時にともなわなければなりません。

そのためには、健康に気を遣ったり、趣味を充実させたり、友人関係や家族関係を大事にしたり、社会貢献をしたりすることも重要です。

こうして、人生のバランスを取っていくことが大切なのですが、多くの起業ノウハウは、「お金を得る」までが目的になっており、その後の「人生の成功」まで教えてくれないのです。

たとえば、短期間だけ稼いで、衰退していった起業家について、思い出そうと思えば、いくらか思い出せるはずです。

お金だけを目標にするのではなく、合わせて「心の成長」も目標にしたノウハウを得ることが大切です。

「まずお金でしょ」

という起業セミナーや講座、コンサルタント等がいたら気をつけてください。

不幸のスパイラルに巻き込まれる可能性が大きいでしょう。

理由3 知識に偏っていて実践がともなわない

多くの起業ノウハウで成功できない理由の3つ目は、「知識」の習得に偏っていて、「実践」がともなわないからです。

残念ながら、本当の起業の成功ノウハウは、机の上では学ぶことができません。

たとえば、自転車に乗るのと同じ、空手を通信講座で学べないのと同じです。

実際に外に出て、自転車に乗って転びながら、自転車は乗れるようになれます。

空手でも、道場に行って、実際になぐられたり、けられたりしながら身につけていきます。

それと同じで、起業も、実際に、ネットで商品を販売してみたり、営業で断られたりして上達していくものなのです。

また、知識が先行すると、逆に動けなくなるデメリットもあります。

物事の上達に関しては、勉強のし過ぎは禁物なのです。

しかしながら、ちまたの起業スクールや講座などでは、「実践」までさせてくれるところはあまりありません。

理由4 MBAは起業ノウハウではない

「起業したい」と思う人で、MBAの習得や中小企業診断士の資格を取ろうとする人がいます。

しかしながら、MBAや中小企業診断士を学んでも、起業して成功するとは限りません。

なぜか?

MBAや中小企業診断士の知識は、すでにできあがった会社を立て直すためのものだからです。

0から何かを生み出すための知識ではないのです。

理由5 お客さんの獲得方法は教えてくれない

先ほどのMBAや中小企業診断士の話にもつながりますが、これらが教えてくれない大事な知識の1つが、「顧客獲得方法」です。

もっとわかりやすく言うなら「お客さんの集め方」です。

MBAや中小企業診断士、または、公的機関が開催する「起業講座」「起業セミナー」の多くは、かんじんな「お客さんを集める方法」は教えてくれないのです。

本当かどうかを確かめたいなら、本屋に行って、MBAや中小企業診断士のテキストを開いてみてください。

「いくらぐらいの広告を打ったら、何人ぐらいのお客さんが集まるか?」

などは、まったく書かれていないことに気づくでしょう。

どんな商売もお客さんがいなければ成り立ちません。

倒産原因の8割が「販売不振」というデータもあるように、起業後、もっとも重要な知識は「お客さんを集めること」なのです。

それが多くの起業講座や起業セミナー、MBAや中小企業診断士の講座では学ぶことができないのです。

理由6 答えを学ぼうとする

多くの起業ノウハウを学んだ人が成功できないのは、「答え」を学ぼうとしているからです。

残念ながら、起業家の仕事に「答え」はないのです。

たとえば、最近だと、「Youtubeをやれば儲かる」といったものでしょうか。

そういう人は、Youtubeのブームが去ったら、稼ぐことができません。

また同じように「答え」を探すために、セミナーに出たりするのです。

では、本当に儲かり続ける起業家はどうするか?

「考え方」を鍛えるのです。

たとえば、「なぜ、今、Youtubeが儲かるのか?」を考えるのです。

なぜ、今、Youtubeが流行っているのか?

どうすれば、興味を持って、最後まで動画を見てくれるか?

といった、「顧客の心理」を元に思考したりします。

この「考え方」は、Youtubeブームが去り、また新しいメディアが登場しても、使い回しが可能です。

しかしながら、「考え方」を学ばせてくれる起業セミナーや講座は、なかなか存在しません。

なぜか?

「答え」を売り続けた方が、主催者が儲かるからですね。

今後も「Youtubeセミナー」など、「答え」を売り続ける主催者は後を絶たないでしょうね。

こうして「考える力」を骨抜きにして、薬漬けのように主催者を儲からせる依存者が増えるわけです。

理由7 学習費用が高すぎる

多くの起業ノウハウが成功につながらない理由の6つ目が「学習費用が高すぎる」点です。

正直、ちまたの起業成功セミナーや講座は高すぎます。

起業する前に、大事な資本を使っては、起業家や商売人としては失格です。

本当に儲ける人は、お金の「出」よりも、「入」の方が多い人です。

このかんじんな根本を間違えてはいけません。

たとえば、無理して、借金して、セミナーや講座に参加する人もいますが、これは本末転倒です。

起業家や商売人としての才覚は0でしょう。

そういう人は起業してはいけません。

いずれ痛い目を見ます。

どうせ学ぶなら、「書籍」で十分。

本ほど、費用対効果のいい教材はありません。

たった1000円ちょっとで、何度でも学べるのですから。

その次に、CDやDVDなどの通信講座。

それでさらに学びたいなら、安くていいので、お試しでなんらかの講座やセミナーに参加することです。

儲けてもいないのに、バカ高い費用を払って、起業ノウハウを学ぶことは避けてください。

 

以上が、ちまたの多くの起業ノウハウの問題点であり、成功できない理由です。

イキビジ大学では、これらの問題点を考慮した、より実践的な起業ノウハウを教えています。

イキビジ大学が選ばれる理由
イキビジ大学の詳細&申込

サブコンテンツ

このページの先頭へ