当会について

作野起業家道場とは?

日本で唯一、稼ぎ続けられる起業家・投資家であるための「教養力」を高め合うことを目的として作られた塾です。

今、日本の多くのビジネスパーソンに必要なのは教養力です。教養がなければ「お金だけが正義」などと考えた道徳なき起業家が増え、国は衰退し、滅びてしまいます。今こそ、教養力を身に付け、いついかなる時代でも稼ぎ続けられる起業家になり、明るい未来を創っていきましょう。

教養とは?

教養は別名「リベラルアーツ」と呼ばれています。リベラルアーツの起源はギリシャ・ローマ時代にまで遡ります。元々は「自由人」が学ぶ必要がある「自由七科」を意味しました。自由七科とは、文法学、修辞学、論理学、算術、幾何学、天文学、音楽のことです。なぜ、これらを学ぶ必要があったか?思考を偏らせることなく、とらわれることなく、広い視野と独自の視点を持ち、本当の意味での「精神の自由」を得るためです。近年では教養とは哲学、文学、芸術、音楽、歴史、生物学など、様々な学問が含まれると考えて良いでしょう。

なぜ、起業家や投資家に教養が必要か?

一言で言えば、教養力がなければ起業家や経営者は「お金」や「利益」の追及のみに偏りがちだからです。それのみに偏れば判断を誤り、時に暴走してしまいます。極論を言えば「お金だけが正義」とさえ勘違いしてしまうでしょう。短期的な収益モデルに取り憑かれる恐れがあります。お金だけが正義となれば、儲かれば何をやっても許されることになってしまいます。そうすれば、お客さんや従業員、株主、社会など、様々な関係者から非難され、心は離れてしまうでしょう。

そのような過ちに陥ることなく、長期的に稼ぎ続けられる起業家・投資家であるためには、「教養力」を育くみ、広い視野を持ち、独自の視点でビジネスにあたる必要があります。

どうすれば、教養力が身につくか?

残念ながら、教養力のみを伸ばすための機関が少ないのが今の日本です。大学には教養科目がありますが、存在意義は日に日に失われていく一方です。となると、私たちが教養力を身につけるには、「独学」しかありません。経営しながらも自身で文学や哲学、歴史、芸術などに意識的に目を向け、教養力を高めていく必要があります。

しかし、独学は孤独で、モチベーションを保つのが困難だったり、盲点にとらわれて幅広い視野を持ちづらいといったデメリットがあります。そこで、当道場の登場です。当道場では、いついかなる時代でも稼ぎ続けられる起業家・投資家を目指すことを目的に「教養力」の養成に取り組んでいます。仲間たちと励まし合いながら、共に成長していくことを心がけています。

なので、思考の偏りやとらわれが起きにくいし、横のつながりも広がっていくメリットがあります。知識を深めあう喜びや楽しみも共有することができます。

どのようなことを学ぶか?

教養といっても幅広く、全てをカバーすることは物理的に難しいといえます。現在は教養の中でも特に「東洋思想」「日本哲学」「文学」「歴史」あたりをキーワードに取り組んでいます。具体的には、論語、老子、孫子の兵法、貞観政要、言志四録、石門心学などになります。

補強するものとして、音楽部など受講生が自主的に部活を立ち上げたりもしています。

活動方法

1、起業成功のためのセミナー・勉強会

1〜2ヶ月に1回、リアルの勉強会を開催します。

講師は学長の作野氏をはじめ、著名なゲスト講師にも登壇してもらいます。

会場は基本的に東京がメインとなりますが、参加できなかった会員の方には、動画を収録して送付しますので遠方でもご安心ください。

※道場生参加無料

●今後開催予定のテーマ例

・『佐藤一斎「言志四録」から学ぶ日本型成功法則』
・『石田梅岩「都鄙問答」から学ぶ商売繁盛の要諦』
・『「易経」から人生と会社の成功法則を学ぼう』
・『「孫子の兵法」から学ぶ起業成功戦略』
・『「老子」から学ぶ自然体経営の極意』
・『「学問のススメ」から学ぶ21世紀にマッチした成長のカタチ』
・『「韓非子」から学ぶ起業マネジメント』
・『「古事記」から学ぶ日本人の成功理論』
・『お釈迦様から学ぶ縁起と成功』
・『「正法眼蔵」から学ぶ禅の悟りと起業成功』
・『「本多静六」から学ぶ蓄財の極意』
・『「貞観政要」から安定長期成長のマネジメントの秘訣を学ぼう』
・『「五輪書」から確固たる自分軸を作るコツを学ぶ』

など

勉強会の様子

 

勉強会は一方向的な座学ではなく時にメンバーでディスカッションなども行います

2、毎月の音声or動画コンテンツ

月に1〜2回、経営・マーケティング・ブランディングなどをテーマにした音声コンテンツまたは動画コンテンツをお届けします。

★今後配信する予定のコンテンツ

中国最高の戦略書「孫子の兵法」を解説しながら、起業成功のコツをお届けしていきます。

3、起業・事業立ち上げの体験ができる

作野学長は、どんどん新しい事業を立ち上げています。

例えば現在も、六本木で新しく貸し会議室事業を作っていますが、こちらはイキビジのメンバーで有志をつのり今後運営が始まっていきます。

スポーツでもゲームでも経験者が有利なのと同じで、起業も練習経験を積んでおくのはとても有利に働きます。

また作野学長がどのような考えでビジネスを行っているのかを肌感で感じることができ、まさにお金では変えない貴重な経験を積むことができます。

4、様々な遊びイベント

不定期ですが、なかなか自分だけではできないような遊び企画を魅力的な仲間と楽しみます。

はじめての体験は自分の器を広げてくれます。

過去のイベント例:スカイダイビング、葉巻体験、ゲイバー、昆虫食ツアー、上海視察ツアーなど

■《起業家道場》学長プロフィールについて

作野裕樹(さくのひろき)

株式会社レジェンドプロデュース代表取締役

大学卒業後、23歳で独立起業。2003年(25歳)アメリカ合衆国法人レジェンドプロデュース・インコーポレーテッドを設立。IT事業を展開。自社開発したステップメールのアスメルは国内トップクラスのシェアを誇る14,000社を超えるまでに成長させ、2016年『WDウェブデザイニング』にて「プロがお勧めするツール」として紹介される。同サービスは著名著書にて累計20冊以上に紹介推奨されている。

現在はそれらの企業経営経験を元にコーチングやコンサルティングを行ったり、時にエンジェル投資家としても支援している。契約顧問企業9社はいずれも業績堅調。

また、メディアにて「お金の専門家」として紹介されたり、コラム執筆するなど、金融・経済知識にも詳しい。

米国マサチューセッツ大学、経営大学院(MBA)在学中。黒龍江中医薬大学、日本校卒(2016)。公益社団法人日本心理学会にて「心理学の専門家として仕事をするために必要な最小限の標準的基礎学力と技能を修得している」として認定された認定心理士(2015)。

著書に『学校では教えてくれない起業の授業(アスカ出版)』『宇宙イチわかりやすいネット起業の鉄則(ソフトバンク)』などがある。

経済や経営に限らず哲学、心理学、歴史、宗教などにも造詣が深く、それらから導き出される独自の経営コンサルティングには定評がある。

作野学長のコンテンツを体験したい方は、まずは下記を御覧ください。

【無料講座】365日「起業家のヒント」

「起業家のヒント」では、作野学長が2001年23才で独立起業し、10年以上かけて失敗、恐怖、間違い、恥等から学んだ独自の『儲けのヒント』が毎日1通届きます。

イキビジの内容やシステムについてはこちらを御覧ください

起業家道場(イキビジ大学)の歴史について

2010年10月 ゴミ拾い&セミナーからスタート

霞ヶ関に有志で集まり、ゴミ拾いを開始。終了後に起業家育成セミナーを行う。後に「イキビジ大学」となる。

2016年12月 「イキビジ大学」を休止

6年の歳月を経てイキビジ大学を休止する。

2017年4月 「平成社長大学」として再スタート

2018年9月 「作野起業家道場」に名称変更

「教養力の養成」に注力。「他富富自」「中庸繁盛」「社会貢献」「人生幸福」「温和経済」の五箇条を軸にして各種勉強会を開催中。

道場設立のミッション

起業家として成功し、
社会に貢献する資本家として、
活躍する聡明なリーダーを多数輩出する。

 これが《起業家道場》の設立の主な目的です。混迷を極めた現代に必要なのは、ただ起業して自分だけが成功するのではなく、成功した暁には社会に再び富と知恵を還元していく資本家の存在が必要です。

 そのために、学長の作野自らが培った起業の知恵と経験を若者たちに伝えていきます。また、一緒に学び、活動する道場の仲間たちとの有意義な時間と場を作り上げていきます。

■道場五箇条

他富富自(たふふじ)

他人を富ませ、自分も富むことを目的とした事業を行うこと。

中庸繁盛(ちゅうようはんじょう)

利益の最大化を求めて無理な成長拡大を目指すのではなく、中庸、つまり「ちょうどいい」規模の事業を行うこと。

社会貢献(しゃかいこうけん)

その名の通り、社会に役立つ事業を行うこと。

人生幸福(じんせいこうふく)

事業成功だけでなく、人生全体の幸福を追求していくこと。

温和経済(おんわけいざい)

心の通った温かい経済を目指すこと。

 

道場生が目指すこと

1、自分もよくなりながら社会もよくなる商売をする

自分だけが儲けて幸せになるのではなく、社会も同時によくなる商売をするための考え方とやり方を学んでいきます。

2、「商売の成功」と「人生の成功」を両立させる

起業の成功=人生の成功というわけでは全くありません。

家族・友人・仕事・趣味・健康・恋愛などトータルでバランス良く楽しむことが、人生の幸福度をあげることにつながります。

イキビジ大学では、起業・仕事についてはもちろんのこと、趣味や健康、場合によっては恋愛といったことに関しても楽しく学びながら、人生トータルでの成功を目指していきます。

3、短期的ではなく長期的に儲ける

短期的に儲かる商売ではなく、長期的に儲かる商売をするための方法と考え方を学んでいきます。

4、従業員や社員が輝く会社を作る

社長だけでなく、社員や従業員が自発的に動き、成長し、輝く会社を作るためのやり方や考え方を学びます。

5、時間・場所・人・お金に囚われない、自由な持たない経営を行う

会社経営には、「持つ経営」と「持たない経営」があります。

会社が拡大したときに、従業員を何人も雇い、事務所もそれにともなって拡大して、様々な設備も充実させていくのが「持つ経営」。

反対に、会社が拡大しても、身軽でいるのが「持たない経営」です。

どちらが正しいというわけではありませんが、イキビジでは、社長が自由・身軽でいられる「持たない経営」のスタイルを実践し、人生の自由度をあげていきます。

6、複数収入源を作って人生を安定化させる

将来を正確に予測することは誰にもできません。

そのような中で、一つの会社・一つの収入源に依存することは安定とは言えません。

イキビジでは複数の収入源をもつことによって人生をより安定化させることを実践していきます。

 

道場生募集について

イキビジ大学(起業家道場)は近日中に第二期生の募集を開始予定です。

詳しくはこちらを御覧ください。

・2007年3月 BIGTomorrow掲載
・2007年10月 BIGTomorrow掲載
・2010年12月 テレビ東京『アリなし』出演
・2013年10月 『ビジネスメディア誠』掲載 記事はこちら(前編/後編)
・2014年1月東方通信社『コロンブス』掲載
・2014年2月『実業界』3月号掲載
・2014年3月『e・コロンブス』掲載
・2014年5月『近代中小企業』コラム連載開始
・2014年8月『経済界』掲載
・2016年3月マイナビ社『WDウェブデザイニング』掲載
・2017年4月『全国賃貸住宅新聞社』掲載
・2018年3月『家主と地主』掲載
・2018年6月『家主と地主』コラム連載開始(全4回)

ページ上部へ戻る