コラム

新商品や新サービスは必ず商標を取りましょう。

こんにちは。作野裕樹です。

起業家から新商品や新サービスの相談があった時、必ずしているアドバイスがあります。

それは「必ず商標を取りましょう」ということです。

なぜでしょうか?

理由は、もしもリリースした新商品や新サービスが大ブレイクした時に、他社に商標を取られてしまう場合があるからです。

他社に商標を取られた場合どうなるか?

その商品名やサービス名を変更しなくてはいけなくなる可能性があります。

せっかく、今まで必死に宣伝広告やPRしてきたにも関わらず、商標を取っていないがためにその名前を捨てなければならないのです。

最悪、「商標権を侵害した」と訴えられるケースも出てきます。

「こちらが先にやってたんだ!」という論理は成り立たない可能性もあるので注意が必要です。

だからこそ、商標は必ず取らなければなりません。

また、その際に商標の専門家、つまり、「弁理士」に相談することも忘れてはいけません。

素人ではなく専門家でなければ適切なアドバイスをいただくことはできないのです。

起業家はこうしたリーガルチェックは非常に重要です。

もし、曖昧なままスタートすると、後々リスクがあることも当然ですが、私たちプロからすると「この人はリーガルチェックの甘い経営者だ」と判断し、一緒に仕事をすることや、仕事を依頼するのを躊躇する場合があります。

ところが、逆に、商標をきちんと取り、それをウェブサイトなどで公表していると、「この人はリーガルチェックをしっかりしている」ので信頼に値する人と判断できます。

プロ同士で仕事をし、ビジネスを軌道に乗せるための「攻め」の部分としても、商標は機能するのです。

ということで、新商品や新サービスをリリースする際は必ず商標を取っておきましょう。

“イキビジ新メンバー募集”

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る