コラム

迷った時は「趣味」のゴールから設定しましょう。

コーチングの際にクライアントに必ずお伝えしていることがあります。それは「複数のゴールを持ちましょう」ということです。ゴールを持つことに制限はありません。ゴールはいくつ持っていてもいいのです。

では複数ゴールを持つことの良い点は何でしょうか?1つは「盲点が外れる」ということです。私はこれまで少なくとも述べ500件以上のコーチングを行ってきましたが、必ずといっていいほど、人間は「盲点」があります。

実はその盲点にこそ大事な「答え」や「ヒント」が隠されているのですが、人間は自分の力ではなかなかそれに気づくことができません(だからこそコーチが役に立つわけですが・・・)。

 

特に、これは資本主義社会の洗脳の成果のせいで多くの人が「ゴールは何ですか?」と聞くと、「お金」のみのゴールを答えます。

「年収●億円にしたい」「豪邸に住みたい」「出世したい」などなど。これらはすべて資本主義洗脳による「他人に仕掛けられたゴール」である場合がほとんどです。

ゴール設定の基本は「Want to」、つまり、心の奥底から本当に「やりたいこと」「したいこと」です。

 

ところが、資本主義洗脳によるゴール設定は他人に仕掛けられているため、心の底からやりたいと思えるものではありません。なので、結果につながらなくなってしまいます。無意識のスイッチが入りづらいからです。

では、資本主義の魔の手から離れたゴール設定をするにはどうすればいいのでしょうか?

効果的な方法の一つはまずは「趣味のゴール」を持つことです。なぜ、趣味のゴールがいいかというと、資本主義と全く関係がないゴールを設定できるため、資本主義洗脳から逃れられる点です。

 

例えば、将棋が好き、絵画が好き、ダンスが好き、ピアノが好きだとすれば、それらをゴールにします。そこにお金儲けは一切入れません。「絶対にお金になんてなりやしない」という前提でゴール設定するのです。

「お金が儲からなくてもやりたいこと」が趣味のゴールになります。そうすると、「本当に心の底からやりたいこと」を選ぶようになります。結果として、資本主義洗脳から離れた、Want toのやりたいゴールが見つかるようになります。

 

本当のゴールが見つかると、人間は日々イキイキしてきます。モチベーションなど上げようとしなくても勝手に上がります。ゴキゲンモードになり、仕事や家庭、健康、恋愛など、他の活動もうまくいったりすることも多々あります。私はコーチングしていく中で数えきれないほどそのような派生効果を目にしてきました。

なので、本当のゴールが見つからない、という場合は、まずは「趣味のゴール」を設定することをお勧めします。それが自分の本当の人生を歩む第一歩となります。

“イキビジ新メンバー募集”

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る