コラム

  1. Want to~で仕事をするとパフォーマンスが上がる。

    どうすれば起業家自身、または関わるチームや組織のパフォーマンスが上がるのでしょうか?掲げたゴールを実現する、またはそれに近づくことができるのでしょうか?キーワードの1つに「Want to(~したい)で仕事をする」というものがあります。逆は「Have to(~しなければならない)」です。

    続きを読む
  2. シガーバーコンサルティングにて「マネジメント」のお話。

    昨日はシガーバーにてコンサルティングを行いました。メインテーマは「マネジメント」。やはり、会社経営は行き着くところは皆マネジメントの課題にたどり着きます。

    続きを読む
  3. 迷った時は「趣味」のゴールから設定しましょう。

    コーチングの際にクライアントに必ずお伝えしていることがあります。それは「複数のゴールを持ちましょう」ということです。ゴールを持つことに制限はありません。ゴールはいくつ持っていてもいいのです。では複数ゴールを持つことの良い点は何でしょうか?1つは「盲点が外れる」ということです。

    続きを読む
  4. 高級でありながら大衆に愛されるブランドの秘密。『それでも強いルイ・ヴィトンの秘密 (セオリーBOOKS)(長沢伸也著書・セオリーブックス講談社)』感想。

    読了。『それでも強いルイ・ヴィトンの秘密 (セオリーBOOKS)(長沢伸也著書・セオリーブックス講談社)』。ブランド力がある商品を持つ会社や、ブランド力がある会社は強い。これは誰しもが思っていることでしょう。

    続きを読む
  5. 持たないことが豊かさにつながる

    「持たない」ことが豊かさにつながる。

    自由な生き方を実現するには、「持たない」ことをおススメします。わたしは、昨日、ついに愛車を手放しました。長い間、なかなかふんぎりがつかなかったのですが、ようやく決断しました。なぜ、愛車を手放したのか?理由の1つ目は、「ほとんど必要がないから」です。都内にいると、車はなくてもさほど困りません。

    続きを読む
ページ上部へ戻る